個人再生 奨学金

学生時代に日本学生支援機構から奨学金を貸与していると、給付ではありませんからその奨学金は返済しなければなりません。

しかし、ほかの金融機関からの借入もあり総額が膨らんでしまうと返済ができなくなり、個人再生で何とか返済を楽にしようということになります。

この場合問題になるのは、奨学金で、奨学金は個人再生の対象になります。個人再生をおこなえば返済額は大幅に減額が可能ですが、それにはいくつかの条件があります。

奨学金を貸与している日本学生支援機構に個人再生を打診しなければならず、それを認めてもらえれば良いのですが、最近ではかなりシビアになっているようです。奨学金を貸与される際には保証人が2名必要になりますから、そのうちの1名は親、もう1名は親戚の人という場合が多いでしょう。

そうなると奨学金の返済義務が保証人に及ぶことが考えられますが、通常の場合、減額された奨学金の返済は個人再生が終わった後で支払うことになります。





|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|