個人再生 差押え

多額の借金をしていてその返済ができないでいると裁判沙汰になり、裁判所が給与などの差押えをおこないます。もちろん給与だけではなく生活必需品を除く財産が差押えの対象になります。
これでは大変ですから、至急個人再生の申立てをおこなうことになりますが、それと同時に差押えの停止を申立てなければなりません。

この場合、差押えの停止が認められますが、個人再生を申立てるだけでは差押えは停止されません。差押えを停止してもらうためには個人再生とは別個に再生手続き開始の決定正本と差押え停止の申立書を裁判所に提出しなければなりません。

ただしこれはあくまでも停止であり、解除ではありませんし、既に差し押さえられた給与などが返還されることはありません。

ですから差押えが実行される前に個人再生と差押え停止の申立てをおこなう必要があります。
差し押さえられた給与などは裁判所が預かる形になり、個人再生が認可・確定しても本人に支払われるようなことは無いのです。


|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|