個人再生 民事再生


金融機関からお金を借りて、その返済ができなくなった時には個人再生と民事再生という手段があります。

このふたつの方法の違いを見てみますと、借金の減額の制限では個人再生は、最低の返済額と、保有している財産の価値(清算価値)のどちらか大きいほうになります。給料を貰っていて、それが最低返済額や清算価値よりも多ければ、それが減額の制限に該当します。これに対し民事再生では清算価値に問題がなければ、これが減額の制限になります。

また、個人再生では住宅ローンを除く借金の総額が5000万円以下でなければなりませんが、民事再生の申立てをする際にはその金額に制限はありません。個人再生計画が認可されるには債権者の過半数と借金総額の2分の1以上の同意が必要ですが、個人再生では裁判所に届出をしない債権者は再生計画に同意したと見なされます。

逆に民事再生では、届出をしない債権者は再生計画に反対と見做されます。したがって、民事再生では債権者の同意を得るための交渉が重要になります。ちなみに手続費用は、個人再生のほうが民事再生よりも安くなります。


|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|