個人再生 免責

免責とは、読んで字の如く責務を免除されるという法律用語で、平たく言えば支払いの責任がチャラになることです。個人再生とは金融機関からお金を借りていて、その返済ができなくなった時に裁判所に申し立てをし、返済を分割にしてもらう方法です。

そのためには返済計画である再生計画を提出して、裁判所の認可を受けることになります。この認可には一定の条件がつけられ、その条件にしたがって認可を受けることになります。しかし、それでもなおかつその再生計画をすることができなくなった時には、条件により、裁判所はその再生計画を続けなくてもよいという免責を決定します。

その条件とは、再生計画での返済が4分の3以上済んでいること、免責をすることが債権者の不利益にならないこと、おおびその再生計画をさらに変更することがどうしてもできないなどです。

裁判所は免責を決定する前に債権者の意見を聞かなくてはなりませんし、債権者は裁判所の免責に反対することもできますから、裁判所独自で債務者の借金をチャラにする免責を決定することはできません。


|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|