個人再生 確定

金融機関からお金を借りていて、何らかの事由でその返済が行き詰まると、個人再生を裁判所に申立てをして、その認可が決定すると確定ということになります。確定とは個人再生計画が認可されたことですが、認可だけではなくその認可が決定されてはじめて確定という段取りになります。

この確定は官報に掲載されますが、裁判所はそれを官報に記載するように申し込みをします。官報には裁判所関連の記事が掲載されますが、その数は極めて多数にのぼりますから、裁判所で確定しても、それが正式に官報に掲載されるまでには、長い場合は2週間ほどの時間がかかります。

ここで注意しなければならないのは、個人再生の手続きで裁判所が決定した旨を官報に掲載しても、その決定に不服がある債権者は即時抗告という反対の申立てをする場合があることです。
その期間は官報に掲載されてから2週間以内とされていますから、例え裁判所で確定してもそれが官報の掲載されてからの2週間は本当の意味では確定ではないのです。



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|